オフィスタイプ光電話

光電話の種類にファミリータイプやオフィスタイプなどといったものがあります。

ファミリータイプなどは想像がつくと思いますが、一戸建てやマンションなどの住宅で使われる光ファイバーや光電話のことです。
しかし実際には小さなビルであれば光回線が通っていれば光電話や光ファイバーにすることが可能です。

今やオフィスではパソコンなどは必須アイテムです。
なければとても仕事になりません。
なるべく早い速度。そして安い料金での回線の増加などを測りたいはずです。

そういった時にオフィスタイプがいいようです。
ただ、光電話の回線は一回線につき420円(契約会社によって違う)くらいかかるようなので自分の会社の回線をどこまで増やすのか、またパソコンでのネット環境を考えて契約した方がいいでしょう。

ファミリータイプでもやっていける場合もありますし、ファミリータイプでは光電話の回線も高いし、ネットの速度も人が多ければ多いほど遅くなりますので要注意です。

またファミリータイプは配線も結構大変です。
何階にも分かれてる会社ならオフィスの方が光電話はお得でしょう。

いずれにせよ、光電話の方がプランは選べますし、通話料が安くなるのがメリットです。
光回線ではFAX専用の回線も作れますし、便利です。

しかし社内でのデーター通信は難しいので中での通信用の回線は残しておいた方がいいです。
それは対応機種がありますのでパソコン会社の方で問い合わせる方がいいでしょう。

■ NTTフレッツ光のサイト
>> NTT東日本のフレッツ光公式ホームページ
>> NTT西日本のフレッツ光公式ホームページ


関連エントリー


 
Copyright © 2009-2012 光電話を料金比較!法人の固定電話なら. All rights reserved