NTTが光電話を勧める理由

ここ最近光電話をすすめる営業電話が多くなってきたと感じることありませんか。

電話会社なので自分の電話番号を知っていても不思議ではないのですが、その電話が何度もかかってくることでここ最近話題となっています。

それはなぜでしょう?

もともと光電話などの光ファイバーのもとになっているものはNTTなどの回線を使用したものになっています。
その光電話などの光回線の為の設備の費用を回収する為にNTT東日本などの系列につなぎとめておきたいという理由があります。
そうすることで費用を早く回収できますし、コンスタントの費用が入ってきます。

もうひとつは、今はNTT系列のアナログ回線だけでなく他社のIPや他社の光電話などに変える人もふえてきます。
そうするとNTTから離れていってしまい、もともとのアナログ回線だけの分を確保できなくなるからなのです。

今こういった光電話が普及する前にNTTの光電話に変えてもらえれば他社に移るような事を防げるという戦法のようです。
光電話やプロバイダーを変えるということは結構な労力です。
一度決めた契約会社を変えるということはしょっちゅうないでしょうから、そこを視野にいれているのでしょう。

光電話にすると最初は何か月無料だとか、工事費が今はただです、のようなものでNTTの光電話に入ることを宣伝としてるのです。

実際にNTTの会社の工事などはしなくても毎月の光ファイバーや光電話、プロバイダーのお金で企業はやっていけるのです。
今はそこをターゲットにNTTも必死になっているというところなのでしょう。
しかし、過度な勧誘に逆効果という声もあがっています。
会社の印象を悪くしないといいのですが。

■ NTTフレッツ光のサイト
>> NTT東日本のフレッツ光公式ホームページ
>> NTT西日本のフレッツ光公式ホームページ


関連エントリー

 
Copyright © 2009-2012 光電話を料金比較!法人の固定電話なら. All rights reserved